コンテンツ

すららを利用中の中学生へ

もうすぐ夏休みだね!

夏休みは苦手を克服する大チャンス!学力診断テストで苦手を把握しておこう!

テストは受けた後が一番大事!

今回のテストはどうでしたか?「自分なりに頑張った!」「まぁまぁ自信がある」「テストが終わる直前に計算ミスを見つけた!」など色々な感想があると思います。

もしこれが入試だったら、テストは受けて終わり!後は結果を待つのみですが、これは定期テストです。定期テストは受けた後こそが一番大事です。

テストが終わってからできるだけ早くテストの見直しを始めましょう。

1番に気にしなきゃいけないのは「できる」はずの問題で間違えていたもの。これは一番もったいないミスです。自分でも1番悔しいミスだと思うと思います。

この「できたはず」の問題をどうして間違えてしまったのかしっかり研究しましょう。そして、次に同じ問題が出てきたときにどう考えれば、二度と同じ間違いは起きないのかの対策も考えておきましょう。

これを続けていくことで、次回のテストから「できる」問題に対するミスがどんどん減っていきます。

  1. 「わからない」を「わかる」ようにするのは先生やすららに任せる。
  2. 「わかる」を「できる」にするのは日々の勉強で練習する。
  3. 「できる」を「確実にできる」ようにするのはテスト前後で徹底的に研究する

これが勉強がしっかりできるようになるための鉄板イメージだよ!