2017.08.30 学習力

  • LINEで送る
  • 勉強したほうがいいんだけどやる気が…
  • やる気スイッチの場所がわかれば…

そろそろ勉強をしなきゃいけないんだけど、やる気が出なくてなかなか机に座る気になれない。

一番好ましいやる気の出し方

一番のやる気の出し方はそれを「する理由」を明確にすることです。

  • どうしてするのか
  • したらどんないいことが自分に起こるのか
  • したら自分に何が手に入るのだろう

を明確にしましょう。

例えば定期テスト対策になかなか手がつけられない場合、だと例えばこんな感じで「する理由」を書いてみてください。

  • 成績が上がるから
  • 内申点が上がっていける高校の選択肢が増える
  • 自分にもできたという自信

このまんま当てはまる人もいるでしょうし、全く別の「する理由」が当てはまる人もいると思います。

いい感じです。

でもまだ明確になったとは言えないので、もっと明確にして行きましょう。
それぞれの言葉について深く考えていくのです。

「成績が上がる」については、

  • 現状何点で次のテストは何点になっていたいのか。
  • 何ページの範囲を何周こなすのか(期限はいつなのか)

「内申点が上がって…」については

  • このままだと何点になる予想で理想は何点なのか
  • 理想の点数にはどの教科の評定をどれだけ上げればいいのか
  • いま上げることのできそうな科目はなんなのか(期末テストの場合は中間の素点を見ながら)

「自信」については

  • 今回のテスト範囲はしっかり理解したと証明できる。
  • 合計何点取れたら自信を持てそうなのか

などなど、できるだけ具体的に書き出していきましょう。

そうすることで「いつまでに」「何を」「どれだけ」やればいいのかを明確にすることができます。
ここまできたら、あとはそれぞれの項目に対してどのくらい時間がかかりそうかの目安の時間決めましょう。

すると大抵の場合、時間が結構ギリギリだ(または足りない)ということに気づくと思います。

しっかりと自分を理解し、管理し、計画することでやる気が出てくるのであればこれが一番いいです。

自己管理してもやる気が出ない

しっかり自己管理してみたけどやっぱりやる気が出ない場合は、人間の性質を利用しましょう。

人間は「快を求める力」よりも「不快を避けようとする力」のほうが強く働くことがわかっています。
テスト勉強でいうならば「テストで〇〇点とりたい!」などは「快を求める力」になります。
これを「不快を避けようとする力」に置き換えるとすると「〇〇点以下は取りたくない」という表現になります。

「〇位以下にはなりたくない」「不合格になりたくない」「このままだとバカにされる」「あいつにだけは負けたくない」「これだと怒られる」など自分がなりたくない状態になっていることを想像してみましょう。

嫌ですよね?

そこには立派な価値観があります。
どんな状態になるのが嫌か、今そうならないために何をするのかをしっかり考えましょう。そうすることで自分の価値観がより深く認識できるようになります。その価値観をしっかり、そして強く持つほどやる気は出てきます。

  • LINEで送る